<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

若葉雨の記憶

d0162246_14241299.jpg

軽井沢町、追分から旧道に入る入り口に、ラパンというケーキ屋さんがあります。
青山にあっても気に入る店です。(^-^)
この日は雨宿りにいきましたが、あいにく喫茶は終了。
傘を借りて歩いて帰りました。
翌日、返しにお散歩。

傘ひとつあれば庵や若葉雨 ひかり

ラパンさん、水玉の傘をありがとうございました。m(__)m
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-05-29 14:23 | 茶味香る

六月の稽古日

2013年、6月の稽古日は通常稽古が
6日(木)13時00~20時40
20日(木)13時00~20時40
です。

雨も多くなりますが、この時期ならではの季感があり、また季節感が色濃く感じられる時期です。
また、小間の茶室で聞く雨の音は格別です。
お待ちしています。

お休みする際は事前にご一報くだされば大変助かります。
逆に早く来られる場合など大歓迎です。

見学希望は事前に申請ください。
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-05-28 00:36 | スケジュール

洗心の課外稽古(信濃路)

d0162246_20204659.jpg

軽井沢から信濃鉄道でゴトリゴトリ。まだ若葉の信濃路の空気を吸ってお腹の底を洗います。
d0162246_20211025.jpg

駅構内に信鉄を描いた小学生の絵。見ごたえありました。みな、自分が美しいと心動かされた物を素直に描き出しています。
d0162246_20213242.jpg

駅前の駐車場にオオデマリの大木か満開でした!素晴らしい!
d0162246_2022516.jpg

今日は洗心会のある方の山荘を
お訪ねして、課外修道、林間学校です。
d0162246_20222857.jpg

旅を求める庵。ログアンと読みます。
d0162246_2022576.jpg

自作の花入に、お庭の花を入れてくださっていました。
d0162246_20232676.jpg

ログハウスの旅求庵。
d0162246_20234387.jpg

冬は暖かに、が叶う茶室です。
d0162246_20241031.jpg

茶室もよいですが、東谷も風の道を露地とする庵です。
d0162246_20243485.jpg

様々の楓の木々も庵、一壺天の一部。
d0162246_2025142.jpg

赤松の伸びゆく先の虚空さえ贅沢なもてなしに思えます。
d0162246_20252591.jpg

d0162246_20254562.jpg

d0162246_20262820.jpg

d0162246_20265155.jpg

d0162246_20274961.jpg

「今」が命 心を洗ふ 若葉影 宗光
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-05-27 20:20 | 茶味香る

万緑

五月二十三日の稽古場日誌。
清水谷は万緑の季節を迎えました。
d0162246_22312944.jpg

d0162246_22314562.jpg

茄子香合、道場宗廣。道場六三郎さんのお兄さん。茄子は水を清めるといわれます。艶で心も清めてくれます。内、金箔。
d0162246_22324588.jpg

玄関にはガラスに昼顔。「お仕事終えてくる夜組がくるまで頑張ってね」、とお願いしながら飾ります。
d0162246_22333943.jpg

小間は成淳女王の和歌。
d0162246_22334188.jpg

水屋空間にも、笛花入に卯の花を。
d0162246_22342144.jpg

小間の光が目映い午下がり。
d0162246_22343530.jpg

万緑の露地。
d0162246_22345094.jpg

清水谷公園が緑色の生き物みたい。
d0162246_22344865.jpg

d0162246_2235263.jpg

市中にも佳き緑水あり。
d0162246_22361266.jpg

ジュウヤク(ドクダミ)の白さはハッとします。
d0162246_2236588.jpg

d0162246_22355736.jpg

鶴屋八幡の青梅。
d0162246_22364252.jpg

記念の日になりました。
若苗色の記念品。
d0162246_2237252.jpg

一番いい季節をご一緒に。
d0162246_22374570.jpg

d0162246_2237502.jpg

この場所に、また新たな縁を求めて人がつどいますように。
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-05-26 22:30 | 稽古場日記

五月の稽古場から

d0162246_1824822.jpg

滴翠の清水谷にて初風炉の稽古。
d0162246_1821334.jpg

d0162246_18214316.jpg

箙(えびら)に、矢の代わりに花菖蒲を入れました。
d0162246_18215234.jpg

香合は矢羽。一徳。
d0162246_182263.jpg

桃太郎に「先生、アンティークですか?」と質問。苦笑。父の初節句の武将飾りの一部です。
d0162246_18222055.jpg

この日、お許状を引き継ぐお二人に。
d0162246_18223235.jpg

小間は何を掛けようかなと考えるときが至福です。
d0162246_1823265.jpg

登竜門にかけて、鯉。
d0162246_182325100.jpg

私の初心(者)丸見えの六目籠(自作)に、小判草、鯛釣草、泡盛升麻で、めでたく宴気分。
d0162246_2271422.jpg

昼の皆さんを送り出して、再びの打水。(撒水か)
d0162246_2281759.jpg

今日は三度の打水で、目に青葉を焼き付けました。
いま一番気持ちよい季節。
緑に囲まれた茶室ですごせるのは幸せ。


稽古を終えて、花菖蒲を花瓶に移す。三つ人形は添えたままに。
d0162246_2255629.jpg

[PR]
by tokyo-sadou | 2013-05-17 18:20