「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

洗心会報20110628「梶の葉蓋」

洗心会のみなさま
サポーター・お茶友 各位殿

d0162246_18201030.jpgこの七月で、稽古場を開いて四周年になります。どうぞお顔お見せください。
3周年の様子↓
http://tokyosadou.exblog.jp/11680187
ちょうど稽古日は七夕(7月7日)になりますので、「葉蓋(はぶた)」を用意してお待ち
しております。
「葉蓋」は水指に、木の葉を蓋がわりに使う趣向で、十一世家元玄々斎(げんげんさい)が
七夕の趣向に、自分好みの末廣(すえひろ)籠の”受け筒”を水指に見立て、梶の葉を蓋
としたのが始まりです。 (写真参照)陶磁器やガラスの細い指も使えます。
お点前の中では、水指の蓋をあけたら、葉を折りたたんで建水に放ちます。薄茶点前のみ。

d0162246_18213139.jpg梶、桐、蓮(はす)、蕗(ふき)などの葉がよく、無毒、無臭、汁気の出ない葉を選びます。
芋の葉に露をためればコロコロしていかにも涼しそうです。葉をよく洗い、点前に持ち出す
直前に霧吹きすると涼感が増します。狙いは視覚的に涼しさを演出する工夫です。
夏しか楽しめないお点前の工夫が他にもありますので、日替わりで旬を楽しみましょう。

d0162246_18215956.jpg「梶の葉」といえば松浦の家紋であり、七夕とはまた切っても切れない縁があります。
梶(かじ)の葉は、信州の一宮である諏訪大社の神紋としても有名です。
梶は平安時代から神聖な木とされ、神社の境内に植えられ神事に用いられたり、お供え物の
敷物にも使われます。

歌道の宗匠家である冷泉(れいぜい)家では、今も詠んだ七夕の歌を「梶の葉」の裏に書きます。
梶が墨をはじかない性質があるので、古来、短冊に使われました。
梶は和紙の原料にもなり「紙」の象徴となっています。

そこで皆さんにお願いがあります。
ご自宅や近所で、大きめの梶の葉を分けてくださる方がいたら、ご一報くださいませ。
一点前で一枚を使い捨てますので、たくさんあれば楽しめます。また梶は挿し木で増えます
ので、もし枝ごとお譲りいただければ、偕香苑の庭にさり気なく挿し木しようと目論見
中です。(笑)

7月7日(木)は、記念稽古として、おしのぎ(点心)と一献(お酒)を出します。
お稽古に来られた順に召し上がっていただき、その後、通常稽古になりますが、
大先生やサポーターの方も見えますので、お休みなく是非いらしてください。
控えの間に短冊を置いておきますので、「お祝い句」または「願い」を5・7・5の
十七文字にして私の為に残してくだされば幸甚です。

季語は…?インターネット歳時記です。↓
http://www.haiku.jp/saijiki/index.html

[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[
松浦 宗光(ひかり)
102-0084 千代田区二番町9-2-401
http://hsuzuki.exblog.jp/紀尾井町茶道倶楽部 洗心会 主宰
稽古場 千代田区紀尾井町清水谷偕香苑
http://tokyosadou.exblog.jp/ (ブログ)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
[PR]
by tokyo-sadou | 2011-06-28 00:17 | 会報バックナンバー

洗心会報20110616 「嘉祥(かじょう)」

洗心会の皆様・サポーター・松浦社中の皆様

d0162246_132914100.jpg■6月16日は「和菓子の日」です。ご存じでしたか?
起源は「嘉祥(かじょう)の儀式」がおこなわれるのが6月16日だったからです。
嘉祥、けっこうしっかりした起源ですので、ここにご紹介いたしますね。

西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託(神様のお告げ)により、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥(かじょう)」と改元した古例にちなみます。(つまり「元号」になっているのです!「平成」のように…)

「嘉祥」とは文字通り「めでたいしるし」。鎌倉時代には、のちの後嵯峨天皇が東宮となられる前に、6月16日に通貨16枚で御供えの菓子などを求めて献じそれを吉例とし、皇位継承の後もこのことが続けられました。
その後、室町時代の『嘉祥の日』には、朝廷で主上に「かづう」(女房言葉で「かつう」「かずう」ともいい、「嘉祥の祝」の菓子のこと)を差し上げるのが吉例であったことが『御湯殿上日記』に記載されています。
d0162246_16101544.jpg(御湯殿の上の日記は、清涼殿に侍した女官の業務日記で、禁中の日常や専門用語を知る好資料。15C後半から江戸末期まで現存)また、慶長の頃は豊臣秀吉が「嘉祥の祝」を恒例として行っていたことが『武徳編年集成・四十四』に記載されています。江戸幕府においては、この日、大名、旗本など御目見得以上の諸士に大広間で菓子を賜り、これを「嘉祥頂戴」といい、菓子は白木の片木の上に青杉の葉を敷いてその上に積んであり、一人一個ずつ取らせたといわれます。
民間においても、「嘉祥喰」といって十六文で菓子や餅十六個を求め食べるしきたりがありました。
菓子を持ち寄って食べるならわしもあったそうです。
また、この夜に十六歳の袖止め(振り袖をやめて詰め袖にする)をする「嘉祥縫」という風習があったほか、6月16日に採った梅の実でつくった梅干しを旅立ちの日に食べると災難をのがれるという言い伝えがあり、「嘉祥の梅」といいました。

このように、「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」
だそうです。
【参考:和菓子協会HPhttp://www.wagashi.or.jp/wagashinohi/

宮中から始まり、幕府が受け継ぎ、庶民へと浸透した嘉祥(かじょう)の習慣。
明日は16にこだわって、神様に捧げる気持ちで一服を点て、みんなで和菓子を食べて、厄を払いましょう!
(とはいえ、一人あて16個のご用意はございません。アシカラズ(笑))起源になった宮中行事にちなんで造られた、明日限定販売のお菓子を(多めに)予約しましたのでお楽しみに。
   宗光拝

[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[
松浦 宗光(ひかり)
102-0084 千代田区二番町9-2-401
http://hsuzuki.exblog.jp/紀尾井町茶道倶楽部 洗心会 主宰
稽古場 千代田区紀尾井町清水谷偕香苑
http://tokyosadou.exblog.jp/ (ブログ)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
[PR]
by tokyo-sadou | 2011-06-16 00:23 | 会報バックナンバー

洗心会報20110609 「花に寄せる心」

洗心会の皆様・松浦社中の皆様

d0162246_15222386.jpg■7月18日(月・祝)「茶花の特別稽古」を行います。(3000円)
いろいろな花器に季節の花を入れる実践稽古。松浦宗靖先生監修。
10:00~
13:00~(希望者多数の場合のみ2部制にします。途中参加、早退可能)
科目:花寄、廻り花など

たくさんの季節の花と籠を用意しますので、想い想いに、「思うようにならない」花と、何度も向き合ってみてください。(笑)

※花・花籠・茶・菓子・軽食の用意をする都合上、予め出欠をとります。
お手数ですが、皆様のご都合、出欠のほど、お早めにメールで宗光までお知らせください。お休み中の方もどうぞ。 Pp421216.h@dpcomo.ne.jp       宗光 拝

~~~花と向き合う~~~

桃紅李白薔薇紫 問起春風總不知
  とうこうりはく そうびむらさき これをはるかぜにとえばしらず

<白隠の言葉>
【意】桃の花があかく、すももの花が白く、バラの花が紫色に咲いている。その理由を春風にたずねたが、まったく分からないという。自然は、自ずから然り、おのずからそうなっているのだから。

【解釈】「ならば何もしないでよい」ということでなく、それぞれが精一杯生きてゆけば、おのずから成るように成るということでしょうか。何色になろう!と執着せず、ひたすら自分を活かすこと。結果として、自分の「姿」ができてくるとも。

【雑感】同じように、「なぜあの人はああなのか?」「なぜこうならないのか?」と悶々と考えても仕方ない。桃は紅さを、すももは白さを愛でるべき…とも取れますね。(笑)

d0162246_1513477.jpg【白隠慧鶴(はくいん えかく)1686-1768年臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧。
書画(添付)や健康法でも有名。健康法:http://www.wet4.info/guide02/09.html 

古来、花から多くの学びと悟りを得た禅師が居らっしゃいます。
その意を組み、茶人たちは茶室に花を取り入れました。茶道具には現在も利休居士が使った現物が残っているものもありますが、花はその時々で終わり、決して時空を超えることができません。まさに、茶道を受け継ぎながら、一人として生き残ったものはない「私たち人間」と同じです。

茶室で花と向き合うことは、一般的に花を生けて部屋を飾るのとは、少し意味合いを変えて考えてみることも大切そう……。そこに在るのは自分自身だったり、関わり合う「誰か」だったりします。思うに任せない自然の花を相手に、その「意」を汲んで、「野に在るように=自然」とは何かを考える日になればと思います。

立花では、花を「立てる」といい、
生花では、花を「生ける」という、
茶道では、花を「入れる」と表現します。「入れる」の意味をご一緒に体験しましょう。

茶席での花のありようを珠光はこう表現しています。
『花の事、座敷よきほど、かろがろと有るべし。』
【注:村田珠光(むらた しゅこう)1423~1502
室町中期、東山時代の奈良の人。能阿弥から立花と目利きを学び、一休宗純和尚に参禅し、仏法が日常茶飯事にあると悟り、珠光流茶道を開き、能阿弥に伝え、将軍足利義政の茶道師範となった。それまでの外形的な形式美を求める茶の湯に対し、一歩内面的、精神的な美を深めた。】

「茶花はその座敷にほどよいくらいに、かるがるとしているべきだ」
花の種類や量、入れる姿のことも言っていますが、花入れに入れるときの、こちらの心持ちにも言及していると思います。「茶花は、かろがろと有るべし」……。花を入れたときに求めるのは、他人の称賛や評価でないし、必要なのは黄金律やテクニックでもない、入れる側も、見る側も、問題は、入れる側、見る側の「心のありよう」なのですね。

そこで、「潔いこと滝の如し」「執着せぬこと風の如し」の、敬愛する松浦宗靖先生が、花に一言二言つぶやいてから、やおら「ぽん」と花入に投げ込む「姿」も楽しみに拝見しましょう。

お休み中の方も、単発で参加できる稽古です。奮ってご参加ください。
[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[
松浦 宗光(ひかり)
102-0084 千代田区二番町9-2-401
http://hsuzuki.exblog.jp/紀尾井町茶道倶楽部 洗心会 主宰
稽古場 千代田区紀尾井町清水谷偕香苑
http://tokyosadou.exblog.jp/ (ブログ)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
[PR]
by tokyo-sadou | 2011-06-09 00:07 | 会報バックナンバー

洗心会報20110601 「四葩(よひら)」

洗心会の皆様・お世話になっているサポーターの皆様へ
d0162246_13122993.jpg
梅雨になりました。更衣(ころもがえ)して、さっそうと単(ひとえ:裏地のない着物)を出すところですが、雨の足下が気になり、うっかりすると、「恵の雨」なのに疎ましく思ったりします。

『一雨潤千山 (いちう せんざんをうるおす)』
わずかに身を濡らすだけの雨も、まわりを見渡せば、あらゆるものをゆったりとしている様子を表しているそうです。これは、お釈迦様の教えを雨に例え、何者も区別することなく、等しく恵みを与えて下さっている様子を語っています。「生かされている」ことに気づこう、というメッセージなのでしょうね。

雨模様の休みは籠って本を開きます。この禅語を思いつつ、茶書や歳時記や図鑑、あるいは茶の湯を舞台にした小説など紐解かれてはいかがでしょう。
湿気は嗅覚を敏感にします。お香を聞き、雨の音を聞き、紫陽花の色の変化を確かめ、濡れた瓦を愛で、樹木を嗅ぎ、蝸牛を探して梅雨を楽しんでおくことをお忘れなく。

d0162246_13141673.jpg<6月の花>
七変化と異名をとる紫陽花(アジサイ)は他にも、手毬花、四葩(よひら)、四片(よひら)、八仙花(はっせんか)、かたしろぐさ、刺繍花、またばな…と名前も七変化です。
「葩」は「はな」の意味で、巴は「ぱっ!」の擬音を表した漢字で、そこに白さと草かんむりがついて目に鮮やかに「ぱっと咲いた花」という、音符のような字です。
http://hsuzuki.exblog.jp/8985216/
 七変化はじまる白は毬なさず    吉年虹二
 あぢさゐの色にはじまる子の日記  稲畑汀子

d0162246_13151562.jpg6月の稽古情報=== ※来場の時間をお知らせください。
<通常稽古日>
■6月2日(木)13:00~21:00
■6月16日(木)13:00~21:00
<補講>
(未定)ご希望あればお申し出ください。

d0162246_131651100.jpg7月の稽古予定===
■7月7日(木)星祭&洗心会4周年記念稽古
■7月21日(木)通常稽古
□7月9日か10日(土・日)茶花の実践稽古を行います。(希望者のみ3000円)
いろいろな花器に季節の花を生ける実践稽古。松浦宗靖先生監修。

<お稽古以外の茶事・茶会情報>
□6月17日(金)山王日枝神社献茶式(10000円)茶券の申込できます。
□6月19日(日)10:00~明治記念館にて小林太玄和尚の講演会&呈茶。(500円)
        小林太玄(こばやしたいげん)臨済宗大本山大徳寺塔頭黄梅院住職
□7月23日(土)13:00~中野サンプラザにて、坐忘斎お家元との集い。(500円)
        「模擬茶会」、「講演会」、「一問一答」など、お土産つき。

<新入会のお知らせ>
6月より、後藤玲子さんと鈴木香菜さんが新入会されました。ようこそ。
半年間の初心者茶道教室を修了され、末永く茶の湯を楽しみたいと思われたそうです。

<Q&A>
◆Q:『手順を覚えられないのですが』
A:お稽古前に、さらりと独習書を一読してくることをお薦めします。点前中に本の写真や記述が脳裏に思い出され、確認しながら心落ち着けて点前できます。
↓お薦め図書。水屋準備~割り稽古~点前~茶事までこれ1冊。
http://www.amazon.co.jp/%E8%A3%8F%E5%8D%83%E5%AE%B6%E8%8C%B6%E3%81%AE%E6%B9%AF-%E6%96%B0%E7%8B%AC%E7%BF%92%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E5%AE%97%E4%BF%9D/dp/4079353928/ref=pd_sxp_f_pt
◆Q:『茶道は特技や資格になりますか?』
A:茶道の「許状」は、認定の意味合いでありませんでしたが、現在では履歴書にも書きやすい「初級、中級、上級、講師、専任講師」と資格名称も整えられました。
修道の証にお持ちになることをお薦めします。自身と茶の道との鎹になります。
http://www.urasenke.or.jp/textb/culic/index.html◆Q:『茶名(ちゃめい)とはなんですか?』
A:茶人としての「名前」で、茶名は利休居士以来の歴代家元の「宗」の一字を頂くもの。
修道を通じて資質を備えた者に授与され、取得すると専任講師の資格が付与されます。
松浦社中では、伝統的に、茶名を拝受した際に引き継ぎの「真の茶事」で祝い、次回の茶会の亭主役をするならわしです。皆さんに味わっていただきたい経験です。
 注※茶銘(ちゃめい)と書くと、茶舗が付ける銘柄のこと。お茶の名前。
 問答で「お茶銘は」「喜雲でございます」「お詰めは」「小山園でございます」と使います◆Q:『真の茶事は何が特別なのでしょう?』
A:答えは「不立文字(ふりつもんじ)」。体得するもので言葉にできませんが、ご参考までに。↓
http://hsuzuki.exblog.jp/5595366/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
d0162246_16134697.jpg【自然と親しみ、一会を味わう】
★緑雨に目を洗う散策★
この1週間で、京都の「桂離宮」、「仙洞御所」、東京の「皇居」を拝観しました。
桂離宮では随所に王朝文化の粋を伝える意匠が施され、雅で魅惑的な時間を過ごしました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E9%9B%A2%E5%AE%AEとりわけ、雨に濡れた「飛び石」の発色はため息もので、7ヘクタールの置かれた一つ一つの石にもどれほどのこだわりをもって選択され、配置されたかと感じ入ります。
仙洞御所も、皇居も、緑雨(りょくう)に輝き、翡翠色の世界を見るだけで、瞳の奥底まで洗われる心地がしました。皆様も是非、百聞より一見を。↓
http://sankan.kunaicho.go.jp/
d0162246_16142582.jpg★奥多摩でカヌー野点★
6月4日・5日(土日)で奥多摩カヌーフェスティバルで野点してきます。
アウトドアで、大自然と茶禅の一味を満喫します。朝もやの早朝野点に期待!
http://www.okutamacanoe.jp/festival/index.html
レポートはこちらを↓
http://nodatejin.exblog.jp/★晩夏の軽井沢野点★
下山田さん所有の保養所で、晩夏の野点を楽しみましょう。野趣と茶味の融合。
8月27日・28日(土日)を予定しています。今から皆さんご予定を。
高原の避暑地で夏の名残りを惜しむ「蜩(ひぐらし)茶会」に。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
★会報のバックナンバーはこちら
http://tokyosadou.exblog.jp/i6/


[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[
松浦 宗光(ひかり)
102-0084 千代田区二番町9-2-401
http://hsuzuki.exblog.jp/hikarinokuni1216@gmail.com
紀尾井町茶道倶楽部 洗心会 主宰
稽古場 千代田区紀尾井町清水谷偕香苑
http://tokyosadou.exblog.jp/ (ブログ)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
[PR]
by tokyo-sadou | 2011-06-01 00:05 | 会報バックナンバー