「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

洗心会報20091220「年の瀬」

洗心会 みなさま
CC サポーター各位

歳月は人を待たず。
いよいよ年の瀬が迫ってきました。こういうときこそ、平常心で!……がナカナカ難しいので(笑)、お稽古して洗心しましょう。
2009年も17日でお稽古納めとあいなりました。光陰矢の如し。社中揃って、「無事」に迎える歳末は尊いですね。茶縁と、皆さんの日ごろの御厚情に、衷心より感謝申し上げます。
心を込めてお稽古納めしたいと思います。
                          宗光 拝
=================================
■SOON!<今月の稽古日>

③12月17日(木)16:00~ 稽古納め
 年末年始の茶の湯の習いなどお話ししながら、ゆく年をむつまじく見送りましょう。
次の一年、自分のための一里塚を定めるひと時に…。
※欠席は神田さん。(松尾さん、遅くてもどうぞ。)
=================================
■予告2010年の予定
=================================
1月6日(水)消防出初式茶会(希望者のみ)東京ビックサイト。
参加者まだまだ募集中!!

1月11日(月・祝)「初釜(はつがま)」(全員参加)会費5000円。
松浦社中合同、偕香苑にて。10:00集合です。

1月14日(木)16:00~稽古 (予定です)
1月28日(木)16:00~稽古 (変則です)
================================
■シーズンCOLUMN <<12月の季語>> 

※茶席の趣向、茶杓やお菓子の銘に欠かせない「季語」。
クリスマス、大晦日、除夜の鐘、年用意、の行事は当然12月の季語です。生活では、障子(しょうじ)、襖(ふすま)、屏風(びょうぶ)、冬座敷、畳替、炉、炭斗(すみとり)、行灯(あんどん)など、茶室の小道具が
ことごとく季語であります。茶の湯と季節は密接ですね。

自然界では動物が籠り、鳥が目に着く時期。
冬の雁(かり)、梟(ふくろう)、木兎(みみずく)、水鳥、浮寝鳥(うきねどり)、かも)、鴛鴦(おしどり)……そういえば!絵本に出てきた鳥たちです。

風景描写で主役級なのが「枯」という文字。
冬枯(ふゆがれ)、霜枯(しもがれ)、冬ざれ、枯草、枯蔓(かれづる)、枯蔦(かれづた)、枯葎(かれむぐら)、枯尾花(かれおばな)、枯蘆(かれあし)、 枯蓮(かればす)、枯菊(かれぎく)、枯芭蕉(かればしょう)など全て季語。

「枯」の字は一見淋しいですが、「枯淡(こたん)」の境地です。枯淡というのは、俗っぽさのないあっさりした中に、深い趣のあることを表す言葉です。冬は、「せいせい&しみじみ」大人の境地でまいりましょう。
=================================
■■■お稽古以外の茶会・行事・イベント情報■■■

■IVENT!②「消防庁の出初め式でお茶会を!」■
★2010年1月6日(水)
東京ビックサイト。「消防庁出初め式」での茶会。参加費無料。お弁当あり。着物。一般の来場者に抹茶をふるまいます。
予定者:松浦・鈴木・安達(車)・西田(車)・吉森・神田京子(取材?)・斎藤・神田佳(洋服)・元木・北野(予定)まだ募集中!!!

■IVENT!③「松浦社中・洗心会 合同小寄茶会 2010」■
★2010年10月11日(月・祝)
世田谷区上野毛の五島美術館。全員参加。立礼席(薄茶)を担当します。
茶券を発行し、予めご招待したお客様を茶席3席と点心席でもてなします。
=================================
◆お願い◆
17日に見学希望者が見えます。茶道経験者です。仲間が多いと、行事や稽古事でも、社中でできることがぐっと増えます。初心者、経験者、ともに歓迎します。
またお稽古のお世話係として、お茶・お菓子の購入や、花を生けるなど、手伝いたいことがあれば積極的に関わって経験値を積んでください。地方の銘菓の取り寄せなど是非お願いします。@150~300円
宗光(そうこう)
[PR]
by tokyo-sadou | 2009-12-20 23:59 | 会報バックナンバー

洗心会報20101209「師走」

洗心会 みなさま
CC サポーター各位

歳月は人を待たず。
いよいよ年の瀬が迫ってきました。こういうときこそ、平常心で!
……がナカナカ難しいので(笑)、お稽古して洗心しましょう。
2009年も17日でお稽古納めとあいなりました。光陰矢の如し。
社中揃って、「無事」に迎える歳末は尊く、この茶縁と、皆さんの日ごろの御厚情に感謝して、心を込めてお稽古納めしたいと思います。
宗光 拝
=================================
■SOON!<今月の稽古日>

③12月17日(木)16:00~ 稽古納め
年末年始の茶の湯の習いなど話題にしながら、ゆく年をむつまじく見送りましょう。次の一年、自分のための一里塚を定めるひと時に…。
※欠席は神田さん。(松尾さん、遅くてもどうぞ。)
=================================
■予告2010年の予定
=================================
1月11日(月・祝)「初釜(はつがま)」(全員参加)会費5000円。
松浦社中合同、偕香苑にて。10:00集合です。

1月14日(木)16:00~稽古 (予定です)
1月28日(木)16:00~稽古 (変則です)
================================
■シーズンCOLUMN <<12月の季語>> 

※茶席の趣向、茶杓やお菓子の銘に欠かせない「季語」。
クリスマス、大晦日、除夜の鐘、年用意、の行事は当然12月の季語です。
生活では、障子(しょうじ)、襖(ふすま)、屏風(びょうぶ)、冬座敷、畳替、炉、炭斗(すみとり)、行灯(あんどん)など、茶室の小道具がことごとく季語であります。茶の湯と季節は密接ですね。

自然界では動物が籠り、鳥が目に着く時期。
冬の雁(かり)、梟(ふくろう)、木兎(みみずく)、水鳥、浮寝鳥(うきねどり)、鴨(かも)、鴛鴦(おしどり)……そういえば!絵本に出てきた鳥たちです。

風景描写で主役級なのが「枯」という文字。
冬枯(ふゆがれ)、霜枯(しもがれ)、冬ざれ、枯草、枯蔓(かれづる)、枯蔦(かれづた)、枯葎(かれむぐら)、枯尾花(かれおばな)、枯蘆(かれあし)、枯蓮(かればす)、枯菊(かれぎく)、枯芭蕉(かればしょう)など全て季語。

「枯」の字は一見淋しいですが、「枯淡(こたん)」の境地です。
枯淡というのは、俗っぽさのないあっさりした中に、深い趣のあることを表す言葉です。冬は、「せいせい&しみじみ」大人の境地でまいりましょう。

=================================
■■■お稽古以外の茶会・行事・イベント情報■■■

■IVENT!②「消防庁の出初め式でお茶会を!」■
★2010年1月6日(水)
東京ビックサイト。「消防庁出初め式」での茶会。
参加費無料。お弁当あり。着物。一般の来場者に抹茶をふるまいます。
予定者:松浦・鈴木・安達(車)・西田(車)・吉森・神田京(取材?)
・斎藤・神田(洋服)・元木・北野(予定)まだ募集中!!!

■IVENT!③「松浦社中・洗心会 合同小寄茶会 2010」■
★2010年10月11日(月・祝)
世田谷区上野毛の五島美術館。全員参加。立礼席(薄茶)を担当します。
茶券を発行し、予めご招待したお客様を茶席3席と点心席でもてなします。
今から近隣の方へ告知して、いらしてくださいとお呼びかけしましょう。
=================================
◆お願い◆
17日に見学希望者が見えます。山下さんという女性で、茶道経験者です。
仲間が多いと、行事や稽古事でも、社中でできることがぐっと増えます。
初心者、経験者、ともに歓迎します。

またお稽古のお世話係として、お茶・お菓子の購入や、花を生けるなど、手伝いたいことがあれば積極的に関わって経験値を積んでください。
地方の銘菓の取り寄せなど是非お願いします。@150~300円

宗光(そうこう)
[PR]
by tokyo-sadou | 2009-12-10 00:17 | 会報バックナンバー