「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:茶味香る( 5 )

桐蔭席を訪ねて

京都の桐蔭席に行って参りました。

http://kantou1.com/modules/weblogD32/details.php?blog_id=542
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-11-10 01:55 | 茶味香る

紫陽花が元気です

d0162246_17522815.jpg

一昨日切った紫陽花、昨日は行ったり来たり、長時間茶会の床の間に居て、帰宅してから花瓶へ。
水揚げ上々で元気です!
葉先までピン。
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-06-03 17:52 | 茶味香る

紫陽花の水揚げ

d0162246_21315633.jpg

梅雨に入りました。鬱陶しい反面、茶室で聴く雨の音や、玉を成す紫陽花の変化や、晴れ間の陽光には思わず深く息を吸い込み感動いたします。
光と水があらゆる命を成長させ、空気は生命力に溢れています。
自分もまた成長すべき時期だと季節に気づかされます。

d0162246_2133818.jpg

紫陽花を部屋に飾れば、外の晴雨をいとわずに季節を楽しめますね。

d0162246_21333665.jpg

一方、紫陽花の水揚げは難しいと言われます。みずみずしさが命の紫陽花、水揚げのステップを紹介します。

まず、葉の裏からたっぷり霧を吹いておきます。これを葉水、逆さ水、などと呼びます。
d0162246_2134440.jpg

キッチンや洗面所でするといいですね。
d0162246_21343135.jpg

次に、花鋏の刃を使い、鉛筆を削るように茎の断面が大きくなるように、斜めに削ぎます。
d0162246_21335783.jpg

緑の部分も削ぎます。
d0162246_213472.jpg

中の白いスポンジ状の部分を、刃の先でえぐり取ります。
d0162246_21352899.jpg

きれいに取れば緑色の管になります。
d0162246_21353176.jpg

切り口に「明礬(みょうばん)」を刷すりこみます。食品添加物なので、市販では「焼き明礬」として調味料コーナーなどに売っています。
d0162246_21354084.jpg

食べないので賞味期限は気にせずに。
白くなるまですりこみます。
d0162246_21361233.jpg

再び水に浸けますが…
d0162246_21363430.jpg

生けるまでは思いきり深水に浸しておきましょう。
d0162246_21365691.jpg

自分で手入れすると小さな発見で大きな感動を得ます。
なんと、オチビさんなカタツムリが居ました!(^-^)
このまま飾りましょう。(笑)
なおさら葉水を忘れずに♪
d0162246_21361163.jpg


近所で見た、今日の紫陽花たち。
d0162246_21532156.jpg

d0162246_21542463.jpg

d0162246_21544126.jpg

d0162246_21545371.jpg

最後のは柏葉紫陽花。葉が柏に
似ています。白い螺旋階段のよう。
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-06-01 21:27 | 茶味香る

若葉雨の記憶

d0162246_14241299.jpg

軽井沢町、追分から旧道に入る入り口に、ラパンというケーキ屋さんがあります。
青山にあっても気に入る店です。(^-^)
この日は雨宿りにいきましたが、あいにく喫茶は終了。
傘を借りて歩いて帰りました。
翌日、返しにお散歩。

傘ひとつあれば庵や若葉雨 ひかり

ラパンさん、水玉の傘をありがとうございました。m(__)m
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-05-29 14:23 | 茶味香る

洗心の課外稽古(信濃路)

d0162246_20204659.jpg

軽井沢から信濃鉄道でゴトリゴトリ。まだ若葉の信濃路の空気を吸ってお腹の底を洗います。
d0162246_20211025.jpg

駅構内に信鉄を描いた小学生の絵。見ごたえありました。みな、自分が美しいと心動かされた物を素直に描き出しています。
d0162246_20213242.jpg

駅前の駐車場にオオデマリの大木か満開でした!素晴らしい!
d0162246_2022516.jpg

今日は洗心会のある方の山荘を
お訪ねして、課外修道、林間学校です。
d0162246_20222857.jpg

旅を求める庵。ログアンと読みます。
d0162246_2022576.jpg

自作の花入に、お庭の花を入れてくださっていました。
d0162246_20232676.jpg

ログハウスの旅求庵。
d0162246_20234387.jpg

冬は暖かに、が叶う茶室です。
d0162246_20241031.jpg

茶室もよいですが、東谷も風の道を露地とする庵です。
d0162246_20243485.jpg

様々の楓の木々も庵、一壺天の一部。
d0162246_2025142.jpg

赤松の伸びゆく先の虚空さえ贅沢なもてなしに思えます。
d0162246_20252591.jpg

d0162246_20254562.jpg

d0162246_20262820.jpg

d0162246_20265155.jpg

d0162246_20274961.jpg

「今」が命 心を洗ふ 若葉影 宗光
[PR]
by tokyo-sadou | 2013-05-27 20:20 | 茶味香る